9/29  20年前に・・・。 | 鹿児島市 納屋通り骨格矯正院

9/29  20年前に・・・。

80代男性。 主訴:お尻の痛み

東千石在住。 半年ほど前から痛くなり、整形外科を受診。

マッサージをしてもらうとさらに悪化し、2,3か月前から間欠性跛行もみられ、

100mほどの歩行で痛みが出て歩けなくなるとのこと。

20年前に一度、脊柱管狭窄症と診断され、手術を勧められたものの手術はせず。

そのうち症状が無くなり、何事もなく過ごしていたところ、半年ほど前に再発。

カウンセリングをしながら検査を行ない、背骨と身体のフォルムに左ズレを確認。

「背骨が左にズレていますね」と話すと、付き添いで来ていた奥様が「整形外科で

レントゲンを撮ったときに背骨が左に曲がっている」と言われたと・・・。

一時間ほどかけて背骨のズレとフォルムのズレを矯正。

改善具合をみるために外を歩いてもらおうとすると、トイレに行きたいと言うので

ビル2階のトイレを案内すると一人ですたすたと歩いていき、戻って来ました。

付き添いで来ていた奥様も改善具合に驚いたほど。

患者様も痛みもなく歩けたとのことで施術終了。